元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

さわら

海の幸5品お試しセット  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

さわら
魚の栄養と魚料理

しょうゆと砂糖で甘辛く照り焼きにしてもよし、粕漬けにして焼き物にしてもおいしい、「さわら」。
本来、「さわら」は「鰆」と書くように、春が旬の魚です。
しかし回遊魚で日本列島を北上することから、「寒さわら」を好む人もいらっしゃいますよね。
このさわら、1切れは80〜100gですが、程よい脂肪の乗り具合から、どのように料理してもおいしい魚料理となります。特に、ムニエルにし、さっぱりとトマトとレモンソースでいただくと、ちょっとおしゃれな魚料理となり、お母さんのレパートリーが広がります。ぜひ、試してみられてはいかがでしょう?

さわらのムニエルトマトソース
sawaramunieru.jpg
・下味として軽く塩、こしょうをし、牛乳にひたしてから小麦粉をまぶします。
・バターで両面をこんがりと焼きます。
・トマトソースは、にんにくを刻み、完熟トマトを粗みじんにしす。
・バターで炒めてから塩、こしょうで味を調えます。
・仕上げにバターを大さじ1程度落とすと、コクが出ます。


お皿にさわらのムニエルを盛りつけ、トマトソースを上からたっぷりかけます。仕上がりにレモン汁をふり、輪切りにしたレモン、刻んだパセリを散らすと色合いも美しく仕上がります。

さわらのタンパク質、トマトソースのビタミンで栄養的もアップします。ぜひ、夕食に試してみてください。トマトソースには、刻んだタマネギやマッシュルームの薄切りを加えると、ボリュームが出ます。
付け合わせに、緑の野菜(さやエンドウやブロッコリーのバター炒め)を添えるとよいでしょう。



posted by 魚の栄養 魚料理 記録の細道 at 12:34 | Comment(0) | さわら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。