元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

魚と肉は半々に

魚料理の栄養 動脈硬化予防
魚と肉は半々に

katuo.jpg

魚と肉は、同じ動物性食品ですが、大きな違いがあります。かつお100gと豚肩肉100gを比べると、かつおはたんぱく質を豚肉の2倍近く含み、反対に、豚肉は脂肪をかつおの10倍以上も含んでいます。
しかも、肉の脂肪はコレステロールを作りやすくしますが、魚の脂肪はコレステロールを下げる作用があり、動脈硬化の予防になります。
しかし、肉は、健康に悪いわけではありません。肉には、良質のたんぱく質が豊富に含まれ、鉄分やビタミンB2なども含んでいます。
スタミナをつけるには、肉はなくてはならに存在です。
特に豚肉は、脂肪やコレステロールも少なく、ビタミンB1をとても多く含んでいます。
ビタミンB1は、疲労回復を助けてくれます。
ただ、肉を食べ過ぎてはいけません。毎日、脂肪分の多い肉を食べていては、肥満や高脂血症を起こしやすくなってしまいます。
脂肪が動脈に溜まって、血管を詰まらせ、心筋梗塞になる危険性もあります。バランス良く魚と肉を食べるように心がけましょう。
魚も肉も、アミノ酸化の差はほとんどなく、たんぱく源としてはどちらも変わりません。
しかし、他の栄養に関しては、多くの違いがあります。
例えば、魚ばかり食べていると、EPAやDHAを過剰に摂取することになります。
そうすると、強く血小板凝集抑制作用を起こし、出血しやすくなる場合があります。
魚と肉を食べる比率は、1対1が理想的だと言われています。それを基本として、コレステロール値の高い人は魚を多めに食べ、コレステロール値の低い人は肉類を多めに食べるようにすると良いです。また、魚も肉も、さまざまな種類をバランス良く食べるようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 痛風メタボリック症候群 ウォーキングメタボリック症候群 筋力トレーニング


posted by 魚の栄養 魚料理 記録の細道 at 08:33 | Comment(0) | かつお類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。