元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

いわしのさつま揚げ

いわしのさつま揚げ
魚の栄養と魚料理のコツ

iwasitebiraki.jpg 手開きしたイワシを使ってさつま揚げを手作りしてみましょう。買ってくるものよりも断然おいしいですよ!まとめて作って煮ものに使ってもいいいでしょう。
イワシの手開き
いわしなどの身の柔らかい小魚を開く方法です。包丁を使わなくてもできるので、手早く手軽にできます。
1.頭を落とします。
身丈の3分の2のところを、頭を右にして左の親指と人差し指でもち、右手親指と人さし指で胸びれのところを押さえます。頭をちぎります。
2.はらわたを除きます。
はらわたは、頭をちぎるときに一緒に引き抜いてしまいます。
3.流水、または薄い塩水で血を洗い流します。
*大きないわしは頭がちぎりにくいので、えらぶたのすぐ下に包丁を入れて、切り落とします。
・包丁で頭を切り落とした場合は、腹の下部を薄く3角形に切り落とし、腹わたを出します。
・身を開きます。
中骨にそって、頭のほうから親指を入れ、骨の上をすべらせるように尾のほうへ指をひき、身を開きます。
・腹骨を除きます。
尾の手前で身をそらせると骨がポキンと折れます。骨を左手でつまみあげ、右親指で身をおさえ骨が身にくっつかないようにすこしずつはがしていきます


「いわしのさつま揚げ」 魚料理の簡単レシピiwasinosatumaage.jpg
≪材料≫(4人前)
・いわし・・・80g程度の大きさのものを8尾
・卵・・・1個
・みそ・・・大さじ1+1/2
・しょうが汁・・・小さじ1
・パン粉・・・1/2カップ
・かたくり粉・・・大さじ1+1/2
・小麦粉・・・大さじ1+1/2
・ごぼう・・・1本
・ニンジン・・・4センチ
・さやえんどう・・・4枚

≪下ごしらえ≫
・手開きしたイワシを包丁で細かく叩きます。これをすり鉢ですりながら、卵、みそ、しょうが、パン粉、片栗粉、小麦粉を混ぜて行きます。
・ごぼうはささがきにして水にさらし、水気を切ります。
・ニンジンとさやえんどうはみじん切りにします。

≪作り方≫
1.叩いて調味料を加えたイワシにごぼう、ニンジン、さやえんどうを加えて食べやすい大きさに分けて小判型に形を整えます。
2.1を揚げます。



posted by 魚の栄養 魚料理 記録の細道 at 10:55 | Comment(0) | いわしのさつま揚げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。