元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

風水と食べ物【野菜・海の幸】

風水
風水と食べ物【野菜・海の幸】
魚料理の栄養

風水と食べ物の関係。それは私たちが日ごろ意識するだけで毎日、そして毎食良い気を取り込むことができる簡単な方法の一つでもあります。
風水では食べ物の産地の気、素材そのものが持つ気、素材の色から出る気の3種類あります。
では食材そのものが持つ気とはどんな気なのでしょうか。

goya.jpg


まずは緑の大地といわれる野菜。野菜でも緑黄色野菜はとくにパワーが強いです。
太陽の光をたくさん浴びて育った緑の野菜は家庭運の上昇に効果的だとか。
野菜は体に良い食べ物の代表です。
野菜をたくさん食べている人は体調も良いでしょうし、お肌にも影響します。
食べた分だけ自分に還元されるというメリットもあります。
たくさん野菜を食べましょう。

sakanaryouri.jpg
次は和食でもよく登場する魚。
魚は水のパワーを受けて私たちの口の中に入ります。
「海の幸」というだけあって、幸せを運んできてくれそうな食べ物ですよね。
魚は人間関係の克服を意味します。
特に恋愛で悩んでいる、職場の人間関係で悩んでいるというときに進んで食べるようにしましょう。
また、赤みの魚と白身魚でも意味があり、赤身の魚は職場など、恋愛などの性別が絡むときは白身魚を
悩んでいるときに食欲が出ないという方もいますが、お刺身にして食べればおいしくて幸せな気分になりますし、食欲のないときに白身はとくにさっぱりしていて食べられますよね。
今人間関係で悩んでいる方、いかがでしょうか。
恋愛にちなんで、縁結びの神様のような役割をしてくれるのは麺類だそうです。
麺類にも意味があるなんて驚きですね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by 魚の栄養 魚料理 記録の細道 at 11:46 | Comment(0) | 魚料理の栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父の日にお酒を贈る

魚料理の栄養 父の日
父の日にお酒を贈る


さてお酒が大好きなお父さんは多いことでしょう。一日の疲れを癒す、ホット一息できる時間は至福の時です。
そんなお父さんへ、父の日にお酒を贈るのはいかがでしょう。
体を気遣うとちょっと抵抗感もありますが、至って健康なお父さんにはぜひお酒を贈ると喜ばれること請け合いです。
しかしお酒の大好きなお父さんは当然お酒にも詳しいはずです。
もしかしたら一通り飲み尽くしている可能性もあります。
そんなお父さんに父の日に贈るお酒とは、一体どんなものが良いのでしょうか。
例えばウイスキーの大好きなお父さんの場合、名品といわれるボトルは飲み尽くしてしまっていることでしょう。
日本酒も同じことが言えるでしょう。
そして高価なものを贈ると、特別な時に飲もう、と言って封を開けなかったりします。
珍しいお酒を探してみても、かえって普通のお酒のほうが口にあっていて飲まなかったりもします。
そんなお酒好きのお父さんに贈るお酒選びは大変です。しかも毎年父の日に贈るとなるともっと大変です。
毎年同じでは贈る側ももらう側もつまらない。何か変化をつけたいのが贈る側の心情であろうか。
そこで、思い切って高価なお酒を贈らずにしてみてはどうだろうか。
お父さんが毎日自宅で飲んでいるお酒をチェックしてみよう。
きっと安価な手に入りやすいお酒であることがわかるはず。
そして大半のお父さんはいつも同じ銘柄だろうと思われます。もしくはその近辺の同等レベルのお酒か。
そこで、ほんの少しだけランクを上げたお酒を買ってみましょう。
ここでポイントなのが、フルボトルを買うのではなく、180mlを4本買ってフルボトルと同じ量にするのです。
このサイズは女性には大変人気です。
フルボトルと違って数日で開けてしまう量なので、古くなってしまう心配もありません。
全て同じ種類でもかまいませんし、全て違っても面白いですね。
ぜひお父さんに飲み比べてもらいましょう。





posted by 魚の栄養 魚料理 記録の細道 at 17:36 | Comment(0) | 父の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

端午の節句パーティー

端午の節句パーティー





端午の節句には、子どもさんのために、楽しいパーティーを開いてあげると、その子の心に一生残ります。五月人形を飾って、おじいちゃんとおばあちゃん、仲良しのお友だちを招待して、手作りの料理を食べたり、楽しいゲームをしたりして過ごせたら良いですね。

パーティーの料理と言っても、特別に手の込んだメニューや、豪華な材料を使用したごちそうを用意する必要はありません。お母さんが作った、愛情のこもった料理と、ちょっとしたお楽しみのおやつがあれば良いのです。端午の節句には、柏餅やちまきが付きものですが、節句に関連のある材料などを使って、料理の工夫をしてみましょう。

tango_seku.jpg



端午の節句と関係のある材料と言えば、代表的なのが、出世魚の「スズキ」「ボラ」「ブリ」などです。初夏の時期に旬となる「カツオ」も、“勝つ男”として、欠かすことのできない材料です。また、元気に泳ぐ鯉のぼりにちなみ、鯉の姿煮や丸揚げなどの「鯉料理」も食べられます。早く成長をする「たけのこ」も、子どもの健やかな成長を願って、お祝い料理に使用されます。

また、端午の節句は伝統行事だからと言って、伝統的な料理にこだわる必要はありません。子どものことを一番良く知っているお母さんの、アイデアとちょっとした工夫で、子どもたちが喜ぶ節句料理を作ってみてください。子どもの大好きなハンバーグやチャーハンを、端午の節句に関係のある、鯉のぼりや兜などの形に切ったり、盛り付けたりするだけでも、とっても喜んでもらえるはずですよ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 魚の栄養 魚料理 記録の細道 at 12:09 | Comment(0) | 端午の節句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真っ黒「イカスミ汁」は栄養満点

魚料理の栄養 沖縄料理
真っ黒「イカスミ汁」は栄養満点

ikasumi.jpeg


「イカスミ汁」は、イカの墨を使って作る、真っ黒い汁物です。見た目が衝撃的で、味の想像も付かないかもしれませんが、とてもコクがあり濃厚な味わいです。また、イカスミ汁で使用する「白イカ」は、便秘を改善する作用があると言われています。さらに、血液循環をスムーズにする働きがあるので、貧血の方にもおすすめの料理です。低脂肪、低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめです。

それでは、「イカスミ汁」(2人前)のレシピを紹介します。

下ごしらえとして、白イカ400gをきれいに洗い、短冊切りにして、足は長さ4?5cmに切ります。豚肉150gは、一口大に切って、にんじん1本は乱切りにします。ニガナ葉5枚は、きれいに洗って、手で適当な大きさにちぎります。

1、だし汁4カップを鍋に入れて温め、豚肉とにんじんを入れて煮ます。

2、煮立ってきたらアクを取り除き、イカを加えたら火を弱めて、さらに煮込みます。

3、イカが柔らかくなってきたら、ニガナ葉とイカ墨適量を加え、シママース(塩)適量で味付けしたら完成です。

イカ墨は、市販のものを使用しても良いですが、新鮮なイカから取り出したイカ墨を使用しても、もちろんOKです。その場合は、墨袋を傷つけて、破ってしまわないように気を付けましょう。


「ニガナ」は、沖縄では、昔から薬草として使用されていました。さまざまな栄養素が含まれており、特に、カルシウム、カロチン、ビタミンA・C、ポリフェノールが豊富に含まれています。また、風邪や発熱、胃腸系の疾患に効果的だと言われています。そのほかにも、動脈硬化の原因となるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の酸化を抑える作用があると言われており、「万能薬」とも言える野菜なのです。沖縄では、ニガナの茎や葉をすり潰して作った青汁を飲む習慣があり、昔から、沖縄の人々の健康と長寿を支え続けています。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春の旅行春旅行はどこへ?春旅行 旅とお花見
春旅行 テーマパークへ春旅行 子供とグアムへ春旅行 子供とハワイへ



春旅行 良い旅行会社とは・・春旅行 団体旅行春旅行 温泉春旅行 団体温泉旅行春旅行 お祭り春旅行 お祭り・陶器市


posted by 魚の栄養 魚料理 記録の細道 at 15:26 | Comment(0) | イカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚と肉は半々に

魚料理の栄養 動脈硬化予防
魚と肉は半々に

katuo.jpg

魚と肉は、同じ動物性食品ですが、大きな違いがあります。かつお100gと豚肩肉100gを比べると、かつおはたんぱく質を豚肉の2倍近く含み、反対に、豚肉は脂肪をかつおの10倍以上も含んでいます。
しかも、肉の脂肪はコレステロールを作りやすくしますが、魚の脂肪はコレステロールを下げる作用があり、動脈硬化の予防になります。
しかし、肉は、健康に悪いわけではありません。肉には、良質のたんぱく質が豊富に含まれ、鉄分やビタミンB2なども含んでいます。
スタミナをつけるには、肉はなくてはならに存在です。
特に豚肉は、脂肪やコレステロールも少なく、ビタミンB1をとても多く含んでいます。
ビタミンB1は、疲労回復を助けてくれます。
ただ、肉を食べ過ぎてはいけません。毎日、脂肪分の多い肉を食べていては、肥満や高脂血症を起こしやすくなってしまいます。
脂肪が動脈に溜まって、血管を詰まらせ、心筋梗塞になる危険性もあります。バランス良く魚と肉を食べるように心がけましょう。
魚も肉も、アミノ酸化の差はほとんどなく、たんぱく源としてはどちらも変わりません。
しかし、他の栄養に関しては、多くの違いがあります。
例えば、魚ばかり食べていると、EPAやDHAを過剰に摂取することになります。
そうすると、強く血小板凝集抑制作用を起こし、出血しやすくなる場合があります。
魚と肉を食べる比率は、1対1が理想的だと言われています。それを基本として、コレステロール値の高い人は魚を多めに食べ、コレステロール値の低い人は肉類を多めに食べるようにすると良いです。また、魚も肉も、さまざまな種類をバランス良く食べるようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 痛風メタボリック症候群 ウォーキングメタボリック症候群 筋力トレーニング


posted by 魚の栄養 魚料理 記録の細道 at 08:33 | Comment(0) | かつお類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。